portfile(7)

提供: MacPorts-JP
移動: 案内, 検索
(MacPorts 1.9.0 に準拠。Beginning OS X よりインポート。)
(MacPorts 2.0.0 - Beginning OS X よりインポート)
 
222行: 222行:
 
:: <b>Example:</b>
 
:: <b>Example:</b>
 
::: replaced_by xorg-renderproto
 
::: replaced_by xorg-renderproto
 +
 +
: <b>add_users</b>
 +
<!--:: Consists of a list of usernames and settings. At appropriate times during the port installation process, a user will be created for each username with the corresponding settings. Settings are of the form name=value. A setting applies to the username that appeared most recently before it in the list.
 +
:: Applicable options are: group, gid (may be used instead of group), passwd, realname, home, and shell.-->
 +
:: ユーザ名と設定のリストから構成されます。port のインストールプロセス中の適切な時点で、ユーザ名毎に、対応する設定内容に沿ってユーザが生成されます。設定は name=value の形態でおこないます。設定内容は、リスト中の直近のユーザ名に対して適用されます。
 +
:: 適用可能なオプション: group, gid (group の代わりに利用可能), passwd, realname, home, および shell
 +
:: <b>Type:</b> <u>optional</u>
 +
:: <b>Default:</b> <u>none</u> <u>(empty)</u>
 +
:: <b>Example:</b>
 +
::: add_users squid group=squid realname=Squid\ Proxy home=${prefix}/var/squid
 +
::: add_users user1 group=mygroup user2 group=mygroup
 +
 +
: <b>installs_libs</b>
 +
<!--:: By default, it is assumed that ports may install libraries or headers that can be incorporated into their dependents. If this is not the case, set <b>installs_libs</b> to <u>no</u>.  This means that this port's dependents need not check that it is installed for the same architectures as them; that it is permissible to distribute binaries of the dependents even if their licenses conflict with the license of this port; and that updates to this port can never result in broken dynamic linking in its dependents.-->
 +
:: デフォルトでは、ライブラリやヘッダをインストールする ports と、それに依存する他の ports とは、一体のものでなければならないとみなされます。もしそうでなければ、<b>installs_libs</b> を <u>no</u> に設定してください。これは、この ports に依存する他の ports において、それらと同じアーキテクチャとしてこの port がインストールされているかどうかのチェックをする必要がないということを意味します。また、ライセンスのコンフリクトが生じる場合であっても、バイナリの配布を許可するということを意味します。加えて、この port のアップデートが、依存する他の ports に対して、ダイナミックリンクの破損を決して引き起こさないということを意味します。
 +
:: <b>Type:</b> <u>optional</u>
 +
:: <b>Default:</b> <u>none</u>
 +
:: <b>Example:</b>
 +
::: installs_libs no
  
 
==ターゲットフック==
 
==ターゲットフック==
1,235行: 1,254行:
  
 
: <b>adduser</b> <u>username</u> [<b>uid</b>=uid] [<b>gid</b>=gid] [<b>passwd</b>=passwd] [<b>realname</b>=realname] [<b>home</b>=home] [<b>shell</b>=shell]
 
: <b>adduser</b> <u>username</u> [<b>uid</b>=uid] [<b>gid</b>=gid] [<b>passwd</b>=passwd] [<b>realname</b>=realname] [<b>home</b>=home] [<b>shell</b>=shell]
<!--:: Add a new local user to the system with the specified uid, gid, password, real name, home directory and login shell.-->
+
<!--:: Add a new local user to the system with the specified uid, gid, password, real name, home directory and login shell. Note that it is usually preferable to set the add_users option rather than call adduser directly, since it may need to be called in multiple places to handle all cases (e.g.  installing from a binary archive).-->
:: 指定した uid, gid, パスワード, 本名, ホームディレクトリ、ログインシェルを持つ 新しいローカルユーザをシステムに追加します。
+
:: 指定した uid, gid, パスワード, 本名, ホームディレクトリ、ログインシェルを持つ 新しいローカルユーザをシステムに追加します。たいていの場合、adduser を直接呼び出すよりも、add_users オプションを設定するほうが好ましいといえます。なぜなら、adduser は全てのケースで動作するように考慮するならば、複数の場所に記述しなければならないからです。(たとえば、バイナリアーカイブからインストールする場合など。)
  
 
: <b>existsuser</b> <u>username</u>
 
: <b>existsuser</b> <u>username</u>

2011年12月3日 (土) 12:18時点における最新版

個人用ツール
名前空間

変種
操作
案内
文書
ファイル
ツールボックス